コンボルト・ジャパン株式会社

コンボルト・ジャパン株式会社 ロゴ

コンボルト型地上タンク

1.タンクの特徴

コンボルト型地上タンクは、鋼製タンクを非金属シートで被覆した二重構造とし、更に その外側を15cm以上のコンクリートで保護した、耐火機能を備え、且つ外部からの衝撃にも大変すぐれているタンクです。 また、漏油検知システムが組み込まれており、安心して利用できます。

コンボルト型地上タンク構造図
  1. 工場で完成品となり届けられるので、据付が簡単。(→設置コストの削減、工期の短縮)
  2. コンクリートで被覆されており、外部の耐食性に優れ、保守が簡単。(→保守費用の削減)
    ※コンクリート全外面をエポキシ樹脂系塗料でコーティング後、更に耐候性の優れたポリウレタン樹脂系塗料仕上げ。
  3. 厚さ15㎝の鉄筋コンクリートで保護され、火災・台風・地震・洪水のほか車両衝突、弾丸抵抗等、外部衝撃にも強い。
  4. 開口部をタンク上部に設置し、油流出の可能性を排除し、更に、環境問題に対応した二重の漏れ防止構造。
  5. 用途、敷地に応じた、各種サイズ取り揃え。
  6. 米国安全規格(Underwriters Laboratories=UL)第2085番(「二重殻構造により保護された地上設置式燃料タンク」)の認定を受けた、最も信頼できるタンク。
 

※以下の動画でタンクの製造構造を立体的に見ることができます。

米国安全規格(UL2085)

コンボルト型地上タンクは、米国安全規格(UL2085)の各種テストをパスした初の認定タンクです。